体育用品推薦要項

1.目的

この要項は、財団法人日本学校体育研究連合会(以下「本連合会」という)の体育用品の推薦に関し、必要事項を定めることを目的とする。

2.申請

(1)体育用品について本連合会の推薦を受けようとする者(以下「申請者」という)は、特別賛助会員(A)に限る。
(2)申請者は、体育用品推薦申請書(第1号様式)に、当該体育用品の現物及び必要のある場合は、説明資料を添えて、本連合会会長(以下「会長」という)に提出しなければならない。

3.審査料

(1)体育用品の推薦の審査に当っては、申請者から申請料1件につき10万円を徴収する。
(2)前記の申請料は、審査の際納付するものとする。ただし、高額な年度会費納入の特別賛助会員については、その納付を会長が減免することを決定できる。
(3)体育用品の審査において、特別の調査研究を必要とするものについては、その調査研究に要した経費の実費を、その都度申請者が負担するものとする。
(4)いったん納入した第1項の審査料及び第3項の実費は、返還しないものとする。

4.審査及び決定

(1)体育用品の審査は学体連推薦規格に基づき、本連合会・体育用品推薦審査委員会(以下「審査委員会」という)において審査し、会長がこれを決定する。
(2)前項の審査委員会における審査は、当該体育用品が次に掲げる条件に適合するかどうかについて行う。
①学校体育の充実発展に役立つものであること
②原料の調達、製造設備、製造技術等が信頼されるものであること
③使用者の心身の成長・発達にフィットしたものであること
④自然環境にやさしいものであること
⑤価格が妥当であること

5.推薦通知等

会長は、体育用品を妥当と認め、推薦を決定した時は、申請者に対し、体育用品推薦決定通知書(第2号様式)により、推薦決定の旨を通知するものとする。

6.推薦状の写等及び推薦名義の使用

推薦状の交付を受けたものが、その写等を作成し、公表しようとする時、及び推薦名義を使用しようとする時は、会長にその旨を通知し、かつ、当該写や名義使用等の現物を提出しなければならない。

7.推薦の有効期間

推薦の有効期間は、1年を基準とする。

8.再審査及び推薦の取消等

(1)推薦した体育用品については必要に応じ再審査を行うものとする。この場合、当該体育用品が推薦条件に適合しないと認めた時は、当該推薦を取消すとともに、本連合会会報に公示する。
(2)前項の定めにより、体育用品の推薦を取消された時は、申請者は直ちに当該体育用品について、推薦状を会長に返付しなければならない。