平成26年全国学校体育実技指導者講習会 中学校・高等学校・特別支援学校の部

平成26年全国学校体育指導者実技講習会<第26回中・高等学校兼特別支援学校対象部会>が開催されました。
概略を報告します。詳細は学体連会報第51号Web版で紹介します。学体連会報第51号Web版は平成26年10月に公開いたします。

Ⅰ.講習会概要

平成26年7月30日(水)「全国学校体育指導者実技講習会<第26回中・高等学校兼特別支援学校対象部会」が開催されました。会場は、塚原体操センター 朝日生命久我山体育館でした。

この会は、(公財)日本学校体育研究連合会が主催し、東京都公立中学校保健体育研究会と東京都高等学校保健体育研究会が主管となって準備を進めてきました。特に今年度は、東京都公立中学校保健体育研究会の校長先生が中心となって、円滑に講習会が運営されました。
会場は塚原体操センター 朝日生命久我山体育館ということで、多数の先生方の講習申込みがありましたが、会場の関係で約50名程の先生方にさせていただきました。
なお塚原体操センターは、元オリンピック金メダリストの塚原光男氏が校長であり、コーチ陣に多くの優れた指導者を擁しています。

Ⅱ 講師紹介

塚原体操教室 主任講師:林 秀紀先生

Ⅲ.講習内容の紹介

午前中はマット運動、午後は跳び箱運動を行い、各運動の導入から代表的な技までの技能・指導方法について研修しました。先生方の研修の様子を一部紹介します。

  • Ⅳ.朝日生命久我山体育館の紹介の紹介

    実技研修会の後、研修会場に隣接する朝日生命久我山体育館の施設等を見学しました。日本を代表する選手の育成環境を見学し、体験しました。

  • Ⅴ.終わりに

    参加された先生方は熱心に取り組まれていました。今後の指導に生かしていただき、児童・生徒達が意欲を持って楽しく器械運動を学ぶことができるようになってほしいと思います。

    なお塚原体育センターのホームページはこちらです。