学体連ニュース第38号2019/1/26

学体連ニュース 第38号    
 メールマガジン「学体連ニュース第38号」を配信することができました。お忙しい中、原稿を作成していただいた皆様に感謝申し上げます。    
なおこの「学体連ニュース第38号」において、何かお気づきのことが ありましたならば、下記のメールアドレスまでご意見などをいただければ 有り難いです。 よろしくお願い申し上げます。
 hstgakutairen_male@yahoo.co.jp (学体連メールマガジン・ホームページ編集部)

   
全国大会研究成果 会報バックナンバー メールマガジンアーカイブ 情報公開

【 目次 】  

1.公益財団法人日本学校体育研究連合会  本村 清人会長の年頭挨拶
2.「平成30年度 全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)」 校長所感等
3.「平成30年度 体育授業優秀教員」 所感等
4.「平成30年度 全国学校体育研究功労者」の表彰を受けられた方々の紹介
(「学体連ニュース第37号」で紹介できませんでしたので、今号で紹介します)
5.都道府県活動紹介 : 鳥取県学校体育研究連合会
6.お知らせとお願い  

児島株式会社JES日本教育シューズ学校体育振興基金(助成)


1.公益財団法人日本学校体育研究連合会  本村 清人会長の年頭挨拶
「新しい年を迎えて~佐賀大会から埼玉大会へ~」 会長 本 村 清 人

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。今年は、「災」転じて福となす年になることを強く願っております。
 昨年の第57回全国学校体育研究大会佐賀大会では、佐賀市文化会館大ホールで全体会が、12の学校で分科会が展開され、全国からおよそ1,500人の参加を得て盛大に開催することができました。文部科学省、佐賀県教育委員会、佐賀大会実行委員会をはじめ、関係の皆様方に改めて心から御礼を申し上げます。佐賀大会の詳しい内容については、本メールマガジン(以下、メルマガ)第37号や本財団発行の会報等を参照してください。
 今回のメルマガ第38号では、同大会で表彰された全国学校体育研究最優秀校として文部科学大臣賞を受賞された3校の校長先生の所感が掲載されています。これまでの取り組み等についての経過、見方・考え方等についての示唆に富む内容となっております。また、「体育授業優秀教員」(35歳以上45歳以下かつ教職経験10年以上の現職教員、いわゆる中堅教員対象。)の所感も掲載されています。この「体育授業優秀教員」表彰制度は、前回の和歌山大会から初めて実施の運びとなったものです。前回同様5名の方が受賞されましたが、その研究・実践内容等を是非ご一読願いたいと思います。この表彰制度は、本財団における評議員会及び理事会で協議すること3年越しの懸案でした。授業力で勝負。これまでの授業改善に関する先輩各位の実績等を引き継ぎ、学習指導要領改訂公示など新たな状況等に対応する授業づくりの充実・発展のためには中堅教員の指導力、牽引力が必要不可欠です。このことによって若手の教員のさらなる授業力向上をも期待しているものです。この表彰制度の一層の充実のために積極的な人材の掘り起こし、ご推薦等をお願いいたします。
 第58回埼玉大会では大宮ソニックシティ 大ホールを中心とし12の分科会が展開されます。大会主題は「新学習指導要領を踏まえた体育・保健体育学習の具現化に向けて~生涯にわたって心身の健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを継続できる資質・能力を育成するために~」です。埼玉県では、「指導と評価の一体化を図った単元案・単元計画の作成」「主体的・対話的で深い学びを目指した教材・教具、学習過程、学習形態の工夫」の2つを視点に授業研究を進め、提案していただけることになっております。 
 今、強調されている「育成を目指す資質・能力」の3つの柱は、単に学力(学校教育法で示された①知識・技能、②思考力・判断力・表現力等、③主体的に学習に取り組む態度)という捉え方ではなく、多様な人間関係形成能力やコミュニケーション能力等の社会的スキルを含むコンピテンシーという社会で生きて働く力を求めているようです。このあたりの見方・考え方等についてさらに協議を深めていきたいと存じます。   
 終わりに、文部科学省・各都道府県教育委員会等はもとより各都道府県を総括代表とす  る学校体育研究団体等との連携協力を深めるとともに、賛助会員のご支援をいただきなが ら、充実発展を期してまいります。
  関係各位のご発展を心よりお祈り申し上げ、年頭のご挨拶といたします。   

Gakken大修館書店FOOTMARK


2.「平成30年度 全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)」 校長所
  感等

(1)岩手県和賀郡西和賀町立湯田小学校長: 盛島 寛先生

 この度、全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)を受賞し、学校関係者、保護者、そして地域の皆様共々たいへん喜んでおります。生命尊重の町・西和賀町におきましては、昨年の沢内小学校に続き、2年連続の最優秀校受賞という快挙に、驚きすら感じております。これも、2小学校が中心になりながら、西和賀町の保育園・小学校・中学校・高等学校の先生方が月1回集まり、体育学習会を続けてきた成果が表れたものと思っております。
 本校は、平成23年4月、3校が統合してできた小学校です。統合により徒歩通学が3割、スクールバス・スクールタクシー通学が7割となり、統合当初は肥満傾向児が多く、体力・運動能力も低下傾向にありました。しかし、体育授業の充実に取り組んでからそれらが解消され、明るく楽しく前向きに取り組む子どもたちが多くなってきていると感じております。
 また本校は、家庭・地域社会との連携のもと学校全体で「保健・食育・体育・安全」の指導に取り組み「健康オリンピック」と称した健康習慣の形成をめざした実践により、平成26年度21世紀・新しい時代の健康教育推進学校最優秀校(文部科学大臣賞)を受賞しております。安定した生活習慣が子どもたちにとって本当に大切なものであり、そのようなベースがあったからこそ、体育授業等にも意欲的に取り組むことができ、このような素晴らしい賞をいただくことができたと思っております。
 今後も、学びに向かう力、人間性等が育成されるよう体育授業研究を継続し、ふるさとに誇りをもち、夢や希望に向けて、挑戦する子どもの育成を図っていきたいと思います。

 ◆湯田小学校の研究実践報告については、以下のURLをご覧下さい。
    http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/H30iwate.yudasyou.pdf  


(2)茨城県水戸市立大場小学校長: 猪野 典子先生  
 この度は,平成30年度全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)という名誉ある賞をいただき,大変光栄に存じます。
 本校は,「運動する楽しさや喜びを味わい,自ら運動に取り組む児童の育成」を研究主題に掲げ,平成27年度より学校体育の研究に取り組んでまいりました。特に,「見合うかけ合う(声)高め合う」を合言葉に学び合いを工夫した体育の授業や,日課表に位置付けた「体づくり」に力を入れて取り組んでまいりました。その結果,児童の体力・運動能力や教師の授業力が向上したことは大きな成果と言えます。   
 最後に,本研究に際しましてご指導いただきました茨城県教育委員会,水戸市教育委員会,水戸市総合教育研究所の皆様をはじめ,研究に携わっていただいた多くの先生方,保護者や地域の方々に心より感謝申し上げます。 

◆大場小学校の研究実践報告については、以下のURLをご覧下さい。    http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/H30ibaraki.oobasyou.pdf


(3)埼玉県川口市立原町小学校長: 加田 明先生    
 この度は、全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)という大変栄誉ある賞をいただき、大変光栄に存じます。   
 本校は、「運動する楽しさやできる喜びを味わわせ、たくましさを育む  教育の創造」を研究主題とし、体育授業を充実すること、運動する機会を増やすこと、家庭と連携することを大きな柱として研究を進めてまいりました。   
 その結果、「運動が好き」「体育の授業が楽しい」という児童が増え、運 動の習慣が改善されました。また、新体力テストの数値に変容が見られ、運動の苦手な児童が減りました。   
 今後も、更なる工夫と改善を図り「生涯にわたって運動に親しむ児童」の育成に努めてまいります。   
 最後に,これまで指導をいただきました埼玉県教育局県立学校教育部保健体育課、南部教育事務所、川口市教育委員会の皆様をはじめ、多くの諸 先生方、保護者・地域の方々に心より感謝申し上げます。

◆原町小学校の研究実践報告については、以下のURLをご覧下さい。    http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/H30saitama.haramachisyou.pdf

教育シューズ振興会学校体育シューズ研究会(アスティコ・協和)第一学習社

*教育シューズ振興会HPは作成されていません(2018.12.7現在)


3.「平成30年度 体育授業優秀教員」 所感等

 (1)埼玉大学教育学部附属小学校 教諭:森田 哲史先生
 体育授業優秀教員という栄誉ある賞をいただき、大変光栄に存じます。私一人の力でいただける賞ではありません。これまで御指導御鞭撻いただきました皆様に、心より感謝申し上げます。今後は、体育授業優秀教員の名に恥じぬよう、絶えず研鑽を積んで参ります。 そして、生涯にわたって心身の健康を保持増進し豊かなスポーツライフを実現するための 資質・能力を育成できる体育授業実践を積み重ねて参りたいと思います。

◆森田 哲史先生の研究実践報告については、以下のURLをご覧下さい。
http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/H30saitama.moritasensei.pdf


(2)東京都墨田区立業平小学校 指導教諭:岩田 純一先生

 この度は、体育授業優秀教員という栄誉ある賞をいただき心より感謝申し上げます。私は多くの方々に支えられています。心から尊敬する先輩方、互いに切磋琢磨し合う仲間、そして自分の指導の在り方をいつも考えさせてくれる子供たち。これからも、学んできたことを発信するとともに、さらに多くを学び、実践を重ね、子供たちが輝く授業を目指して研鑽を積んでまいります。ありがとうございました。

◆岩田 純一先生の研究実践報告については、以下のURLをご覧下さい。
http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/H30tokyo.iwatasensei.pdf


(3)岐阜県岐阜市立岐阜中央中学校 教諭:森 哲也先生

 この度は,このようなすばらしい賞をいただき,ありがとうございます。
 これまで,先輩方,同僚,同世代の先生,そして子どもたちから多くのことを学んできました。しかし,まだまだうまくいかないことばかりです。今後も,目の前の子どもたちが,運動技能の上達や記録の向上を目指して,仲間と共に主体的に運動に取り組むことができるような授業を模索していきたいです。そして,子どもたちが少しでも運動を好きになり,将来運動に親しむことを願っています。

◆森 哲也先生の研究実践報告については、以下のURLをご覧下さい。
    http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/H30gifu.morisensei.pdf


(4)福岡県大野城市立御笠の森小学校 教諭:相場 克哉先生

 この度は、体育授業優秀教員という栄誉ある賞を頂き、大変光栄に存じます。
 今回、審査に向けて、自分の実践を振り返ることで、多くの方々に支えられて
きたことを改めて感じました。今後も体育研究の研鑽に努めると共に、自分が
これまで多くの方々に支えられてきたように、自分も支えられる人間になりた いと思います。そして、学んだことを子供に還元できるような教師を目指しま す。最後になりますが、受賞にあたり、関係各位の皆様へ心より御礼申し上げ ます。

 ◆相場 克哉先生の研究実践報告については、以下のURLをご覧下さい。
    http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/H30fukuoka.aibasensei.pdf


(5)大分県大分市立大在小学校 教諭:廣田 哲也先生   
 多くの方のご指導や支えのお陰でこの賞を頂けたと感じています。   
 これまで、子どもたちに力がつく授業づくりを試行錯誤しながら進めてきました。悩み、迷うことも多くありました。しかし、そのようなときこそ、「楽しかった」「できた」という子どもたちの声や笑顔があり、それらが励みになりました。この賞を頂いた ことを機に、一層、子どもたちにとって楽しく、力がつく体育の授業づくりに邁進していこうと思います。

◆廣田 哲也先生の研究実践報告については、以下のURLでご覧下さい。
   http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/H30oita.hirotasensei.pdf

 

ギムニク 日進ゴム 光文書院 大日本図書 東京書籍
Senoh 廣済堂あかつき Mikasa WSSA-JAPAN

 


4.「平成30年度 全国学校体育研究功労者」の表彰を受けられた方々を紹介いたします。
 功労者の方々の一覧は、下記URLからご覧下さい。
   http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/hyousyou/2018.kourousya.pdf

ブランロッシュ東商アソシエート文渓堂エバニューPLUS
正進社カシオ電算機


5.都道府県活動紹介  鳥取県学校体育研究連合
             会長:黒見 博先生(米子市立淀江中学校長)

  鳥取県学校体育研究連合会については、下記URLからご覧下さい。
    http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/todouhuken/tottorikengakkoutaiikukenkyuurengoukai.pdf

東武トップツアーズ(事業協力)


6.お知らせとお願い  
(1)メールマガジンまたはホームページを通して、全国の学校体育研究団体、学校、個人の方の 研究活動を 紹介しています。皆様または皆様の周りでご活躍されている研究団体、学校、個人の方 を下記メールアドレスへご紹介ください。
 メールアドレス:hstgakutairen_male@yahoo.co.jp  
(2)メールマガジンバックナンバーは、以下のホームページでご覧になれます。     
バックナンバーアドレス:http://www.gakutairen.jp/mailmagazine/
☆…………☆…………☆…………☆…………☆………☆…………☆…………


編集後記   
 メールマガジン「学体連ニュース第38号」を発行しました。このメールマガジンに関するご感想・ご意見 などを下記メールアドレスまでお寄せください。
 なお、このメールマガジンへの返信は下記のメールアドレス へお願いします(こちらへのメールへそのまま返信いただきましても受信できません)。また、このメールマガジンを購読するつもりのない方も、同じく下記のメールアドレスまでご連絡ください。
   学体連メールマガジン・ホームページ編集部:
    hstgakutairen_male@yahoo.co.jp

☆…………☆…………☆…………☆…………☆………☆…………☆…………☆

発行日 平成31年1月26日(土)
発行者 公益財団法人日本学校体育研究連合会メールマガジン・ホームページ編集部
e mail : hstgakutairen_male@yahoo.co.jp  
web   : http://www.gakutairen.jp/



発行日 2019/1/26
発行者 公益財団法人日本学校体育研究連合会 メールマガジン・ホームページ編集部