学体連ニュース第25号2015/12/14

メールマガジン「学体連ニュース第25号」を発行することができました。お忙しい中、原稿作成していただいた方々に感謝申し上げます。

目次

1 (1)第54回全国学校体育研究大会広島大会の実施報告
        (2)第55回全国学校体育研究大会福島大会紹介リーフレットの掲載
2. 平成27年度全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)紹介
3.公益財団法人日本学校体育研究連合会 平成28年9月期事業計画等について
4.お知らせとお願い 

 

1.(1)第54回全国学校体育研究大会広島大会は無事終了いたしました。

    広島大会の報告(概略)は下記URLでご覧になれます。

      学体連ホームページ広島大会の報告(概略)
        http://www.gakutairen.jp/news/20151124/
   

  (2)第55回全国学校体育研究大会福島大会紹介のリーフレットを掲載しました。 

2.平成27年度全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)紹介 

(1)山形県山形市立第五小学校    
    三森 聡校長先生 所感
 
この度は、栄えある全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)受賞の栄誉を、平成16年に続き二度までもいただき、大変嬉しく思います。同時に、研究を進めている我々職員一
同、身の引き締まる思いでおります。時代時代によって研究の視点は異なりますが、21年も
の間、体育の研究を地道に続けてきたことが認められたものと思っております。「確かな技能や運動感覚」を身に付ける過程で、子どもたちは主体的に学習に取り組むようになったり、仲
間と学び合うよさを感じたりしてきています。これはまさに生涯学習の基盤であり、それを獲
得できる価値ある教科が体育であると思います。この受賞を機に、その価値を再認識しつつ、
これからも職員一丸となり、真摯に研究に邁進する所存です。最後に、この受賞はこれまでご
指導くださった山形県・山形市の両教育委員会を始め、多くの諸先生方・保護者・地域の皆様
のおかげであり、心より感謝申し上げます。
    
    第五小学校研究論文掲載ホームページURL 
               http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/yamagatasiritudaigosyougakkou.pdf
    第五小学校ホームページURL 
      http://www.dai5-e.ymgt.ed.jp/

(2)茨城県小美玉市立美野里中学校
              廣戸 隆校長先生 所感
  この度,本校が全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)の受賞という栄誉を得られたこと,大変うれしく思います。平成24年度より茨城県学校体育推進校の指定を受け,学校体育の研究はもとより,健康教育と食育そしてライフスキルの研究・研修に全職員で取り組んでまいりました。その成果がこのような形で評価され感謝申し上げます。
 本校は,「精一杯 ていねいに 心を込めて」をキーワードにして,学び合う活動を生かし
た指導方法の改善を図ってきました。学校体育では,「できること」「分かること」「かかわ
ること」をバランスよく組み込んだ授業を展開することで,基礎的・基本的な運動の技能や知
識を活用する力を高めることができました。この成果は,学校体育だけでなく他の教科指導や
部活動においても着実に生徒の力となっています。
  これもご指導をいただきました茨城県教育委員会,小美玉市教育委員会をはじめ多くの先生
方や家庭・地域のおかげです。心より感謝申し上げます。この受賞をさらに生徒のために生か
すことが使命と考え,全職員で取り組んでいきたいと思います。

   美野里中学校研究論文掲載ホームページURL
     http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/ibarakiminorichugakkou.pdf      

    美野里中学校ホームページURL
    
http://www.city.omitama.ibaraki.jp/minori-j/

(3)千葉県市原市立戸田小学校 
   庄司 彰 校長先生 所 感
 この度、全国学校体育最優秀校(文部科学大臣賞)として表彰いただき、児童・教職員は大
変嬉しく思います。また、保護者・地域並びに学校を支えてくださいます多くの関係者に心よ
り感謝申し上げます。
 本校の体育研究の歴史は、昭和初期に遡ります。不況や関東大震災による疲弊した地域再興
のため、当時の伊藤村長はじめ地域住民が「豊かな情操の育成は心身が健全な人づくり」が重
要と考え、「人づくり」は学校教育にあるとし、体育を中核に据えた学校づくりを始めたのが
発端と言われています。
   昭和3年頃より校内での体操練習会を始め、村づくりを目標に産声を上げた体育は、三橋体
育研究所の熱心な指導のもと、「体操は身を以て」を合い言葉に、生命体操の実践に切磋琢磨
の日々が続き、昭和5年に第1回体育公開研究会を開催致しました。以来、千葉県教育委員会
並びに市原市教育委員会の研究指定校を受けるなど、毎年、自主公開を継続し、今年度、第
86回体育公開研究会を開催致しました。児童の体育学習への意欲・技能の向上、学び方の定
着、体育を学校運営の中核に据えた取り組みは、学校だけでなく地域社会に深く浸透し地域と
ともに創る特色ある学校の実現をめざしています。
 今後は、この表彰を糧に、さらなる戸田体育の充実・発展に向け職員一丸となり継続的・実践
的研究に努めてまいる所存です。

    戸田小学校研究論文掲載ホームページURL
http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/ichiharasiritutodasyougakkou.pdf
     戸田小学校に関するホームページURL
      
http://www.gaccom.jp/schools-10664.html

(4)大分県大分市立大在小学校
    中小路 勝也校長先生 所感 
 
この度,全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)という栄誉ある賞をいただき,学校はもちろん,関係者一同大変光栄に思っております。
 本校では,89年間にわたり体育科を校内研修の柱とし,児童の体力づくりや授業改善に向
け継続して研究を深めてきました。その中で「技術指導の重点」,「基礎感覚・基礎技能を養
うための指導法」等,教師の指導の大切さを実感することができました。
 今年度は,研究主題を「自ら学び高め合う児童の育成をめざす指導法のあり方」とし,小中
一貫教育の視点から,言語活動の工夫を取り入れた体づくり運動・食育の研究を行っていま
す。
 今回の受賞を礎に,今後も運動の楽しさを味わわせ,運動好き・体育好きな児童を増やす授
業の工夫を学校全体で組織的に取り組み,児童の体力の向上と運動習慣の日常化に努めていき
たいと考えています。
 最後に,これまでご指導をいただいた大分県教育委員会,大分市教育委員会,大分県小学校
体育研究会の皆様をはじめ,本校の研究を推進してこられた諸先輩方,保護者・地域の方々に
深く感謝申し上げ,所感とさせていただきます。ありがとうございました。

   大在小学校研究論文掲載ホームページURL
http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/ooitaoozaisyougakkou.pdf
   大在小学校ホームページURL
     http://www.oct-net.ne.jp/~oozai-e1/
 

3.公益財団法人日本学校体育研究連合会 平成28年9月期事業計画等について 

     *各項目の下に記載していますホームページURLをご覧下さい。

(1)平成27年9月期事業報告について  
  http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/joho/H279kizigyouhoukoku.pdf
(2)平成27年9月期決算報告書について
http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/joho/H279kikessanhoukoku.pdf 
(3)平成28年9月期事業計画について
  http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/joho/H289kizigyoukeikaku.pdf 
(4)平成28年9月期収支予算書について
  
http://www.gakutairen.jp/wp-content/themes/gakutairen/pdf/joho/H289kisyuusiyosan.pdf

4. お知らせとお願い

(1)近々、学体連ホームページがリニューアルいたします。 
(2)メールマガジンまたはホームページを通して、全国の学校体育研究団体、学校、個人の
  方の研究活動を紹介しています。
皆様または皆様の周りでご活躍されている研究団体、学
   校、個人の方を、ご紹介下さい。
 下記メールアドレスへご連絡下さい。  
          hstgakutairen_male@yahoo.co.jp
 
(3) メールマガジンバックナンバーはこちらでご覧になれます。

 

発行日 2015/12/14
発行者 公益財団法人日本学校体育研究連合会 メールマガジン・ホームページ編集部